ノンキすぎ

自戒の念を込めての日記でもあります

おいおい、ノンキすぎやろ~

ってな経験をしたことがあります


友人から、レッスンで歌ってほしいと要請されて行った時のことです
ライブに出るための練習をしていたのですが

1曲通す中で、何度か立ち止り、悩む生徒さん
会話の中で小耳にはさんだら

ラ・ライブ3日後ですと???


当日のバックの方々に、完成状態を見てもらってないんです~~  と


そりゃそだろ
私が行った時でも、結局止まらずに通せなかったんだもん


どんなライブになったのかは、怖くて聞けませんでした・・・・・



そこで思い出した、自分のドエライ事件

その昔、友人バイレが
「ライブでソロを踊りたいから、ファルーカ覚えてほしいの」と

まぁ、それはいい
ライブは来月やし

それに先駆けて、タブラオで踊ってみたいから
一緒に出てね^^

えっ?

タブラオまで4日間なんですが???


その話が水曜日・・・仕事もそこそこに家に帰って、音源探し

みつからず・・・

昨年の発表会で群舞で踊っていたもので
翌日木曜日、その時のカンテさんに連絡を取り、歌詞をFAXしていただいた
音源は発表会の時の音

幸いに、メロディはすぐ取れたので良かったのですが
歌詞を覚える時間が少なすぎ・・・
しかも練習する時間ナシ・・・

今だから言えますが
木曜日の午後と翌金曜日、外勤営業なのをいいことに
お客さんとの架空の打ち合わせをでっち上げ
営業車を畑の脇に止め

練習練習

しかし、あまりにも短い練習時間に

土曜日のタブラオでは
最初の一言を発した時点で、その後の歌詞は全く出てこず
最後まで何らかの単語をつなぎ合わせてどうにかした・・・・

いや、決してどうにかなったわけではなく
「無言にならなかった」だけで、惨憺たる有様なのはその通りなのです

その日の二部にも、主宰者に頼みこんでリベンジファルーカ

所々抜けはありましたが、一部よりマシ

泣きながら歌ったファルーカデビューでした


みなさん、本番に間に合えばいいというのは
危険すぎます
本番は、練習の50%が出たらヨシとしましょうというくらい
緊張します

振りを忘れても、身体が覚えているくらい
練習を積んでから、本番は迎えましょうね^^;(自戒の念を込めて)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

松林 由美

Author:松林 由美

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR