フラメンコ好きずき

偉そうな物言いに感じたらごめんなさい
自分の実力は棚に上げて、好みの問題で感じたことを書きます

昨日は「Las Carboneras」へ行ってきました
(行くことになった顛末はまた別の項で・・・)

カンテ二人・ギター二人・バイレ3人+1?

細長い店内の中央に舞台があるため、ほとんどの人は横から観ることになります

私たちは当日予約だったので、端っこ・・
でも高椅子だったので、却って見やすかったので良かったです

女性バイレ3人のファンダンゴからショー開始
3人一緒に歌ってからそれぞれの踊り

ありゃ、最初の踊り手って、先日Casa・Patasで観た力強いばかりのお姉ちゃんだ・・・
そんなに人気あるんか? 流行ってるんか? この手の踊り・・・???
この日のソレア・ポル・ブレリアは、先日のソレアよりはマシだったけど
それでも「ガン!ゴン!」ってのは気になる・・・

二人目はアレグリアス
この人は柔らかい動きにしっかりしたサパテアード(足さばき)で、好きでした
三人目のソレアも素敵だったし
結構まんぞく

最後に出てきたおにいちゃん
早い回に出演して、ちょびっと参加したといった風情でした
最初のファンダンゴにパルマして、クアドロから出て
最後に歌振り3つ分くらいだけソレ・ポル踊って去ってった
でも終始全身でバタバタ踊る人で、うっとーしいと思ってしまった・・

今回はギターが良かったです
とってもメロディが綺麗で、繊細に聞こえているのに

店内は外国人団体客がたくさん入っていて、曲間にはガンガンしゃべり
ギターが鳴り出しても平気でしゃべる
団体客がうっとーしかった・・・

さて肝心のカンテ
前2回に比べると、格段に好きでした
でも後半、踊りも佳境に入って音も大きくなったら・・・

叫んでおりました



踊りと一緒だと仕方ないのか?

いや、そうでない歌も聴いたことある
それが特殊なパターンだったのか・・・

スペインではカンテソロ専門の歌い手と、踊りバックの歌い手は完全に分かれていると教わったけれど
(若い人はなんでもするけど)
そんな偉そうなことは言えない日本で、踊りに負けず歌う時

迫力と勢いだけで歌う人から脱却したくて飛んできたのに
目にするものはこのパターン


やはりアンダルシアとマドリの違いを感じずにはおれませんでした
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

松林 由美

Author:松林 由美

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR