スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世俗にまみれて・・・

反省することがあります


友人が発表会に向けて、全員のオープニング用にMartineteを教えています
彼女も創りながら教えているのですが

歌の部分を5コンパスと言ってきまして

手元にあるCDを片っ端から聴いてみたけど、そんな長さのものは無く
帳尻併せのように、Siguiriyaを当てはめてみました

レッスンに行って、何度か歌ってみました


最初の何回かは、長さが合ったので良し良しと思っていたのですが
段々不安になり、リズム塾の先生に質問してみました

「Martineteの中で、Siguiriyaの歌を入れてもいいんでしょうか」

色々答えていただき
最後に「YOU TUBEとかで色々観てみたら」と


集中して、結構長い時間見てみたら

MartineteはMartineteだ

そんな当たり前のことに気が付きました

発表会であっても
振り付けが完成して踊りこみをしている頃にようやく歌は呼ばれるので
振り付けに歌を併せることが日常になってしまったのですね

そしてとっても安易に、違う歌なのに帳尻を合わせる(悪い意味で
そんなことをしていました


友人に話しました
やはり違う曲の歌を持って来るべきではないこと
(CantinyasをAlegriasに持ってくるのはOKとされています)

彼女は振りを創るとき、必ず歌やギターに意見を聞いてから仕上げているので
(自分がやりたいことは、音楽的に有りか無しか)
今回も、私が短めの歌を探してから
その部分を創りかえるということになりました

良いものに出来るよう、私も頑張りたいと思います
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

松林 由美

Author:松林 由美

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。