物事は捉えよう

先日、スペイン人のカンテクルシージョへ行ってきました

クルシージョは教わるだけで、その後の練習まで見てもらえないから好きじゃないと思ってきましたが
もともとクルシージョなんてものは、そういうものなのですよね

それはバイレさんも同じ

単発レッスンを受けて
後は自力で練習する

そう思ったら、クルシージョもまた楽し
要はその後にどれだけ自分のものに出来るか

最終日のレッスンに、知り合いのバイレさんが来ていて
帰りに話していたのだけど
私が、「録音したものを聴きなおして練習しようと思うけど、自分の声が聞こえてくると、地の底まで落ち込むのよね~」と話すと

「自分らがビデオ撮って、それを見て、落ち込むのと同じなんですね~」と

そりゃそうだよ~
我が耳、我が身体は都合よく出来ていて
もすこし上手くやっているつもりでいるのに
録音や映像は、正直なものを見せ付けてくれるのでね
自分を客観視するには、痛みが伴うってわけでし・・・


さて、明日も自分を見つめなおして闘うのぢゃ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

松林 由美

Author:松林 由美

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR