もう!ですか?

恒例の帝塚山音楽祭が、昨日と一昨日の土日に、無事終了しました。

ただ、いつもと違うのは、市川先生が不在だったこと。

この音楽祭は今年で第29回を迎えましたが、市川先生は第1回に、ご自身で(もちろん仲間たちと)コンパネも準備して、ゲリラ的にフラメンコライブを披露した時からの参加者の為、並々ならぬ思い入れの音楽祭なのです。

今回はご家族の不幸があり、ご実家に帰られていたので不在でした。

電話もジャンジャンかかってきていて、先生はむっちゃ心配そうでしたが、生徒みんなで力を合わせて、頑張ったと思います。

だってねぇ、日曜日は雨予報だったのに『晴れるように念を送っておいたから』と…

どんだけ強い念…(^_^;)

むっちゃ晴れましたがな…(^_^;)


私にとっての音楽祭は、第11か2回くらいに、昼間の群舞に出たのが最初だと思います。
そして、夜はスタッフ

そのうち、仲間たちは夜のショーに出演し始めたのに、自分は踊れず
さりとて『出してください!』と直訴する根性もなく、スタッフのベテランと化して行きました。

なので、音楽祭の夜のショー『蔵ライブ』初出演は、カンテとしてでした。

ちょっとしょっぱい思い出もある音楽祭ではありますが、今は、後輩たちを支えられるように関わって行きたい、私にとっても、仕事を超えて大切なお祭りになっています。

『出来ないからやらない』

それがなんの意味もないことを、教えてくれた出来事としても、大切な会になっています。

未だにウジウジする癖は抜けないものの、踏ん張り直すための教訓なのでね♪

また頑張ります(*^ー^)ノ♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

松林 由美

Author:松林 由美

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR