FC2ブログ

かわさきおやこ劇場

私の根幹を造った「かわさきおやこ劇場」が、幕を閉じました
私が小学生の頃に発足し、舞台を鑑賞することを通して、地域に子育ての輪を作りましょう
という会

当時は年に数回でしたが、演劇や人形劇、音楽などを観にいきました

中学生になり、同世代のグループを作って活動し
地域の子どもたちとのつながりを造っていきました
高校生や青年になり、組織を作っていく一端を担っていきました

舞台を観る「例会」を成功させるため、子どもたちに楽しみに迎えてもらうために歌を歌ったり、寸劇をしたり
子どもたちの繋がりを、親たちが作るための助けになるよう
同時に、おまつりや凧揚げ大会、キャンプなどの企画運営やお仲間拡大など

フラメンコとの出会いも例会でした
子どもたちにこそ、フラメンコを観て欲しいと「小松原庸子フラメンコ舞踊団」を例会にとりあげ
観た瞬間に「私はこれをやるっっっっ!!!」
よもや、それがその後の仕事になるとは思いもせず

人が生きるにあたって、何より大切なのは「平和」なのだと学習したのもここです
人形劇団「京芸」さんの「猫は生きている(早乙女勝元さん著)」の人形劇を観たのは小学生でした
東京大空襲の際に、炎に包まれながら逃げる猫の親子の情景が、今でも思い出せるほどの衝撃でした


その後様々な困難を乗り越えて、それでも少しずつ前に進みだした時のコロナ
舞台鑑賞が全く出来なくなり、運動の根幹である「例会」を行うことが出来なくなりました
そして、脆弱な財政状態では乗り越えることが出来なくなったそうです
涙が止まりませんでした・・・

お店や会社、芸事で生きている私たちもまた、明日を見通すことが難しい昨今ですが
自分の故郷が無くなってしまった衝撃が、とにかく大きい今週の出来事でした

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

松林 由美

Author:松林 由美

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR