ラストライブ


残念なお知らせです

ってか、私が一番残念なのですが・・・苦笑

野田阪神の「エルバルコ」さんが閉店します
2014年1月から、1ヶ月に1回(第4金曜日)歌わせていただいていました
3年半もさせていただいていたのですね

リズム塾の忘年会をこちらのお店で開催した際に、お願いしてスタートした企画でした

フラメンコに興味があるわけではないお客様の前で歌う
時には全く関心も示していただけず、激しく落ち込むこともあり
「また聴きに来たよ」と言っていただき、涙することもあり
たくさんの経験をさせていただきました

最初は、自分のへたくそさから聴いていただけないのだと自分を責め
自ら始めたにも関わらず、この日が来るのが嫌でたまらない時期もありました
そして、たくさんの助言も受け、ここで歌うことの意味も変わってきました

貸しきりライブになると、どうしてもフラメンコ関係者中心の集客になります
まったくフラメンコに興味の無い方に、知っていただくというスタンスで
ここ最近は歌ってきました

「フラメンコって、歌もあるんだ」
そう思っていただけたらいいと

そして興味をもっていただけたら最高だなと


そんな場所が無くなる寂しさは大きいですが
根性なしな小心者の私を変えてくれたこのお店に感謝をこめて
ラストライブに挑みます

9/22(金)19時から22時の間に3回のショーを致します
この日のギターは伊達ちづ子さん

いつもと同じくチャージ無料の投げ銭ライブです
ぜひ遊びにいらしてください

エルバルコ
福島区吉野2-15-20
06-6448-5155
野田阪神駅より徒歩3分

おとといのこと

備忘録代わりに・・

先週末は、浜松での東北震災チャリティーライブへ出演していました

ギターの伊集院さんが宮城県に行くようになったことを聞き、連れて行って欲しいと申告して
関わり始めて早5年
とっても素敵なメンバーで、素晴らしい舞台になったのですが

一昨日、客観的な意見を聞くことが出来ました(ダメだしともいふ(笑))

自他共に認めるヘマは1箇所だけ
しかも「間違ったわけではないのに」自分の中だけで「やらかした」と思ったらしい

ちゃんとやらなくちゃが強い自分
そして「間違ってない?」を確認したがる

そんなごまめな心が、そこの1箇所だけ出たな
と言っていただきました

他は大丈夫やったんやぁ~と安心しつつ
だって、それ以外は気持ちよかったし
そうだよねって思えたし

でも、踊りに完全に合わせる事を求められて育ってきた弊害
生物のフラメンコに憧れて、近づきたいのに
なかなか近づけなくて、ジレンマを抱えてきた

いろんな経験は重ねてきたし、残るは心の問題だと指摘された一昨日

だから昨日、スペイン人ばかりのユニットに歌だけ私(大阪だけど)というライブで
のびのびと出来たのかな? って思ったりもしている

ありがたいことです

ビックリなお仕事してきました

スペインでは表舞台には出たことのない私

昨日は、ギターもバイレも皆スペイン人という
ビックリなお仕事をしてきました

スペインのホテルチェーンのパーティーなので、スタッフにスペイン人たくさん・・・

いつもの「ちゃんとしなくちゃ・・・」というごまめな自分が、何故か出てこなかったのは
共演者たちの人柄か?

とにかく楽しく、一瞬で終わってしまった感じでした
ほぼ同じメンバー(バイレは日本人もたくさんいたけれど)で、先月ライブしたときには
「ちゃんとしなくちゃ」が出まくりで、楽しいけれど疲労感も満載だったのだけれど・・・

今回は、彼らの息の合わせ方を感じられ
Miguelonからは「スペイン人だから凄いとか、上だとかじゃないんだよ」と
私のコンプレックスまでお見通しな発言もらったり

本当に貴重な体験をさせていただきました
ありがとうございました


うれしかった~~~

思い起こせば12年近くになります
初めてのプチ留学で、セビージャに来ました
語学学校のピソを借り、学生ばかりの共同生活で、基本的に自炊生活

朝はピソで食べ(私のほかは若者なので、朝は起きてこない)、学校に行き
昼過ぎに帰宅する道にあった、角っこのバル
今よりもっと喋れない私は、毎日このバルに通って、タパスメニューの上から順番に頼んでいました
辞書を広げて、バルのおっちゃんに質問して
そしてニコニコと嬉しそうに食べる私を、常連さんも覚えてくれていました

それから6年、前回の滞在時にも訪ねて
「私を覚えてますか?」と聞いたら、もちろんさ!と、明るく迎えてくれました
奥で料理を作る奥さんと共に、記念撮影^^
076.jpg

そして今日
ドアの前から手を振ったら、おっちゃんにこにこ
おっちゃんも嬉しそうに、未だ拙い私の話を聞いてくれました

店の中が暑かったので、外で食事をして
店の中に戻ると、奥さんを呼んでくれて

はぐ

大歓迎でした

5~6年に一度しか来られないのに
ありがとう

しかし、よっぽど印象強かったんだろうなぁ・・・



002 (2)
003 (2)

レッスンじゃなかったけど

今日はインマのレッスン(のつもりだった)なので、るんるんでMuseo de Flamencoへ

場所が場所なだけに、レッスンか?
とも思いましたが、とりあえず行ってみた

入り口で待ち合わせしていると、Juanの運転する車が到着
Inmaも降りてきて、手を引っ張られて館内へ

どうやら本日のショーがお仕事だったそうで
1回目のショーが済んでから、お茶してお話しましょうとのこと

そのまま入れていただいて、カンテ側の席をいただく
001.jpg
002.jpg

どこに行っても中国の人が満載だけれど、ここでもかなりの人数が来ていた  観光地だからね

舞台の上には椅子やら何やらが吊ってある
地震の多い日本ではありえない装飾だなぁなどとぼぉっとしているうちに開演

男女一人ずつのバイレに、ギターとカンテ
004.jpg
003.jpg

オープニングはTangos
次にギターソロ
次のguajiraの時は、バタ・デ・コーラでギターのマイクを持っていくなど、アクシデントもあったけど
それもあるある~

そしてカンテソロは、大好きなMalaguenya
男性のバイレはSolea por Buleria
続いてfin de fiesta
005.jpg
006.jpg

昨日のペーニャに比べてしまったら、どうしても観光客向けは否めないものの
とってもすばらしい舞台でした

楽しかったです
ありがとう

そしてバルでお話・・・・・

相変わらずインマは機関銃のようにしゃべる(笑)
私に必要な部分は、理解できるよう何度も確認・・・・・^^;
結局、週に3日×6週で決まりました
プロフィール

松林 由美

Author:松林 由美

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR