スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペーニャ

昨日はペーニャに行ってきました
カンテはAntonio Nunyes・ギターはAntonio moya
ギターのアントニオの奥さんのマリ・ペーニャも当然来ており、話しかけるも
やはりというか、私のことは覚えてないけど、ミヴィダと先生のことは覚えていた
そしてすかさず「クラスはどうするんだ?」と
さすがですね

ペーニャは、もう圧巻のひとこと
いつも頭をかすめる、細かいことを考える自分なぞあっという間に吹き飛び
よく分からないけど涙が出ている
何がどうなってこうなったのか、まったく分からず
出会ったころの感情に似てるのかもしれない

そしてたったひとつ分かったことが、すべては言語ということ
一番痛いところを突かれました

そこは真摯に受け止めて、滞在中頑張ってしゃべろう・・・・そこかいっ、苦笑

20170115_173503_resized.jpg
20170115_173551_resized.jpg
185.jpg

パティオには、ペテネラの像がありました
バルも併設されていて、始まる前に休憩時間(ほぼ1時間)終わった後も飲み食いしていました
あまりの勢いに、お腹が空いているのに物を買えず、うっし~に頼るしまつ
・・・・・反省です
ともあれ、感動ののちに帰宅

帰り道に見送ってくれた、マカレナの城壁
そして、15年くらい前にちょっぴり滞在していたオスタルもありました
187.jpg



帰宅して、明日はインマのレッスンだ~~!と予習をしようと試みるも
午後9時半には、頭の中は終了

この日記も、予習も翌日に相成りました・・・・・そして6時には目が覚める・・・・・・苦笑

スペインです

正月を鼻ずるずるで過ごし、テンション低いまま出発ました

空港に着いても、どこか変でしたね
チェックインした後にしようと思っていたことを、何一つせずに検査を通過

本当は旅行保険に入って、買い忘れていたスペイン用のコンセント(1個は持ってる)を買って
機内用のごついマスクを買って・・・・・

旅行保険は、内側でも入れる短期用に一応入って
買い物は諦めた

ただでさえ飛行機苦手でテンション低いのに
スタートのやっちまった感
3時間半のトランジットは疲れ果てて、飲食する元気も無く(機内食でおなか一杯だったからだけど)
ぼぉ~~~~っと

バルセロナに着いてホテルに入って
1階レストランでビールだけ飲んで寝る

翌日、元気を出すんだっ!モードで観光に出発
いつもの様に観光バスで周るも、今は冬、むっちゃ寒かった・・・
詳しくはFB見てね
友だちからは「どこに行っても観光バスに乗ってる気がする~」と、笑いコメントもらって
なんだか楽しくなってきました

エル・コルドベスに行ったとき、何だかとても「この人いい~~」と思ったカンテさんがいて
終わってから名前を確認したら
マヌエル・タニェ

アルティスタの顔を覚えないにも程があるっっっ
何度も日本で観てるのに(直接会ってはいないから?)
今年はちょっと長めに来日するらしいから、またどこかで会えるでしょう(笑)

その帰り道の広告で観たのはイヴァン・アルカラ
ショー観に行くよと思って連絡すると、なんと招待してくれた
でもショーに出ていなくて悲しくなっていたら、終演後に現れて「足痛めていてね」
3月には東京らしい
大阪にも来るのかな?

頑張って観光した3日間でした

翌日は国内線でセビージャに移動するも、飛行機に乗ってから出発までに1時間以上待たされ
これまたヘロヘロになりつつ
空港で、またもややらかす

ピソの住所を書いてない

書いて・・というのも、FREE WIFIの場所でしかスマホが見られないのだ
慌てて空港で電波探し
アナログ昭和人間のわたしは、その操作だけでも大わらわなのだぁ

どうにかこうにか住所を見つけて、紙に書いて「ほっ」

セビージャに着き、家の前までタクシーさんが連れて行ってくれて、降りたのもつかのま

階段に入るには鍵がいる・・・
電波ない・・・
近くのバルで飲んでる人に聞くと、その一角に住んでいる人を連れてきてくれて(バルの中から)
アパートの入り口まで連れて行ってくれた
しかし、目指す3階には家が4軒・・・
悩んでいたら、連れてきてくれたおっちゃんが「順番に押したらいいんだよ」と

まじっすか?

でもそうするしかなく、まるでいたずらのように押していくと
中からおっちゃんが
スーツケースを上げるのを手伝ってくれた、隣のおっちゃんでした
そのまた隣のばぁちゃんは「あんた誰や、どこからきたんや、名前はなんや」ってな感じでおこられましたが・・・

そしてピソ~~

カンテライブしました

先週の金曜日に、カンテライブ終了しました

30名目標にしていたのですが
毎度のことながら、1週間前までは届かず
最後のあがき(お願い)をしながら残る数日を迎えました

はい、毎度の事ながら、ラスト3日間で9名のご予約を頂きました
バーのマスターと頭をひねりながら席を考え、当日を迎えると
入れなくてお帰りいただいた方も含め、8名さま
覗いてくれたお友だちは、声もかけずに、そのままお帰りになったそう

ご予約いただいた皆さまには、ぎゅうぎゅう詰めにソファーにお掛けいただき
当日の方には、超はしっこ
受付手伝ってくださった方には立ったままと
本当にすみませんな環境になってしまいました
本当にすみませんでした

のんべえ「まっちゃんカンテ」は、ライブに酒はつきもので(飲まない方にはそれなりに)
バイレとは違う、ゆったり感で観ていただきたかったので
古民家バーでほっこり、ソファーでゆったりの企画でした
ゆったり出来なくて、すみませんでした(汗)

今回は一部二部それぞれに5曲ずつ
一部にはギターソロもお願いしました
「カンテソロの伴奏」として参加いただいた伊集院さんには、本当に支えていただき
まっことに気持ちよく歌わせていただきました
22時までには終わらせる!と決意していたものの、アンコール入れて15分押し・・・・
かなりしゃべりにも気を使ったのですが・・・
だって、フラメンコやってない方も結構いらしていただいていたし
遠方からのお客様には、ご挨拶も出来ずにさよならしてしまいました
それもまた、すみませんでした

今回は、今年亡くなったパコ・タラントとの思い出に絡めて
初めて留学した時に教えていただいた曲を中心に、新しいものはちょびっとだけ入れてやってみました
10余年歌ってきたものが、どう進化してるのか否か
この間取り組んできた、自分らしさを発揮できたのか否か
また反省して、次に進みたいと思います

たくさんの方々に応援していただいていること
本当にありがたく、嬉しい気持ちです

年が明けたら、スペインに行ってきます
帰国したらすぐに、高円寺の「カサ・デ・エスペランサ」のライブです

また元気にカンテしていきたいと思います

来年もよろしくお願いいたします^0^

福井は鯖江

第6回内田幸子フラメンコ教室発表会が終了しました

2年に1回の発表会は、私は2回目の参加です

鯖江・福井・金沢のカルチャースクールの生徒さんまで、たくさんの方が頑張っていました
私の歌を楽しみにしてくださって、本当にありがたく、恐縮でしたが
私も「みんな頑張れ~~!!」と思いながら歌いました

雨の中、ほぼ満席のホールは活気に満ちて
とても暖かい雰囲気の中、エンサージョ以上の仕上がりで本番を踊り
楽しく頑張れて、とても良かったと思いました
打ち上げも大盛会でしたし

2年前にも書きましたが
大阪での発表会で歌っていた私を、友人を観に来ていた生徒さんが気に入ってくださって
先生に話し
先生がギターさんに相談し
たまたま別仕事で紹介を受けて、ギターさんと繋がってここに繋がりました

ギターさんとは、私が踊っていた時にお世話になって以来で
歌っているのはご存知でしたが、Tスタジオ専属だと思われていたようで
偶然が重なってお会いすることが出来て、誤解も解けて
福井にもつながれたわけです

実力はまだまだでも、誠実に関わっていくこと
人とのつながりを大事にすることで、新しい道も広がっていくことに
あらためて感謝の気持ちです

写真マメでない私は、撮った写真がお酒とお弁当だけだったので
集合写真が届くのを待ちたいと思います

鯖江の地酒「梵」をお土産に頂いたりと、至れり尽くせりで迎えていただきまして、本当にありがとうございました
また2年後、よろしくお願いいたします

元気です・・・^^;

thumbnail_received_1976182752609216_resized[1]
ここのところ、難聴にのどにと具合悪い部分ばかりを書いていたため、読んでくださった皆さんにご心配をおかけしました
すみませんでした

のどが~~~~!

騒ぎから数日、金曜日にはいつもの「エルバルコ」ライブをして
土曜日から福井県は鯖江に発表会の為に行き
月曜日に帰阪してからは道頓堀の「ミティラー」ライブと強行軍ではありましたが、元気に歌ってきました

いつものごとく写真を撮りそこね
福井なんて、お酒とお弁当の写真しかない・・・・・^^;すみません
いただきものの、ミティラー写真です

写真があるので、ミティラー話から

いつものごとくに準備して、リハして、本番してでしたが
今回は学校の実習を兼ねて、高校生のミキサーさんが参加
照明にも携わってくれたそう

ギターの彌月君は、なぜか今回はサリーダ前のファルセータをいつもよりガッツリと弾いてくれて
それが非常に心地よく、バイレさんも「涙しちゃった~」というほどナニガアッタンダ?
それに加えて、ミキサーの彼女が創る照明が気持ちよくって
曲の雰囲気を捉えて(フラメンコなんて全然知らないのに)、感性が豊なんだな~と感動

新曲に挑む人もあり、北海道から参戦の方ありのスペシャルな環境でもありました

お客様の半分が初フラメンコということもあり、今回もバイレが準備できるまでしゃべり
曲紹介もし~のでしたが、疲れてたのかなぁ・・・
短く簡潔にと思ったら、なかなか上手くしゃべれずに
お客様のイメージを膨らませるだけ膨らませての後に、収まりをつけられずにバイレ突入させまして
バイレさんから「お客さんのイメージと期待が膨らんでいるのがわかって、踊りだすのが怖かったと」
「ハードル上げすぎ~~~!」と叱られました(笑)

でもどの曲も気持ちよく歌わせていただいて、ほんにありがとうございました

このインド料理「ミティラー」さんは20周年を迎えて、サプライズでプレゼントもしましたが
とっても美味しいカレーです
ぜひ一度足をお運びください
また来年もお邪魔することができそうですし
プロフィール

松林 由美

Author:松林 由美

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。