FC2ブログ

台風19号被災後 その③

帰阪後2週間、なかなか体力が戻らない中でも仕事をし
再び実家へ
もともと10/27は東京でライブ出演がきまっており、新幹線のチケットも取ってあった帰郷
2週間経った実家は、自動車が撤去されて、家の中も少し落ちついていました

ライブ当日以外の予定は全てキャンセルして、家のことをしていました

結局実家の周辺の水は、多摩川の水量が多かったために、排水溝が逆流したことによるものでした

使えなくなった冷蔵庫は新しくなり
ケーブルテレビのモデムも、ちょいと輩になりながら交渉したため早くに届き、テレビも観られるようになっていました
植木たちに襲い掛かった泥んこを洗い流し
少し数も整理して、表向きはとてもきれいになりました(笑)
IMG_20191030_110630 (2)
残念ながら、この窓の向こうは土の見えている板の間ですが・・・・

川崎市の住宅整備公社から、応急修理金が出るとのことで、その手続きも済ませて
妹のPTA仲間の工務店さんが請け負ってくださることも決まり
ついでに、キャンセルが出たところに入れていただいて、早目の工事もきまり(ありがたやありがたや

書類を整理して、受け渡しをするだけにして大阪に戻ったのですが・・・・

少々頭飛び気味の父上様が、ご丁寧にバラバラにし
バラバラの場所にしまいこみ
それが見つからずに大騒ぎする・・・・・
それを妹と繰り広げる後日談・・・
妹よスマン・・・面倒かけます

それでも今週末までには工事も終わり
温かく落ち着いた生活を取り戻せる予定です

ご心配をおかけいたしました
本当に色々ありがとうございました

台風19号被災その②

10月12日に水が出て、14日から17日までの4日間実家に帰っていました
その間、家の中のどろんこは片付いていましたが、残っていた家具を解体して捨てる作業を中心にしていました
サイドボードの引き出しは、膨張して出てこなかったので、バールで破壊
中のものを見ても、全てが泥水に浸かっていたため、結局全てを処分
外には廃車になった自動車があるため、本格的な泥撤去はできないので
見えている部分だけの片付け

その間に、家の中の消毒をするためのポンプが、回覧板の順番で廻ってきたり
水害に遭った人への対策が書いてある文書を町内会館に取りに行ったり
写真を現像して、罹災証明書の手続きに役所へ行ったりと、走り回りました
隣の家の片付けに集まってくれていた、元会社の(定年退職したので)若い衆が
我が家の軒下の泥の撤去も手伝ってくださって、本当に感謝でした
父が隣の箪笥を解体したり、隣近所が助け合っての片付けの日々でした

私の友人や、妹の友人も駆けつけて、家の中の消毒を手伝ってくれたり
食事を作って持ってきてくださったり、本当にたくさんの方に助けていただきました

そして冷えて調子を崩した私は、食べたら吐く・食べないと胃痛・そして激しい下痢に苦しみつつ
大阪に帰ってまいりましたが・・・・
台所は床下収納庫を開けて、扇風機をつけっ放しで乾燥にいそしみ
居間はエアコンつけながらの扇風機稼動
とにかくしばらくは乾燥させながら、二階に上げた荷物の整理をしてもらうことで様子見です

初バリーカ終了しました^^



もう数週間前の話になりますが・・・

東京でお仕事させていただき始めて、早数年・・・^^;
初めて呼んでいただきました「ラ・バリーカ」さん
久しぶりに、バイレさんとご一緒でした

ギターは大阪でご一緒している山崎さん
バイレさんは、ギターでご一緒したことのある木南利夫さん
初めましての青木千鶴子さんと君塚理恵子さん

東京で歌うのに、余分なことしてる場合じゃないし・・・・・
と考えましたが、どうにも落ち着かないので、やはりしゃべらせていただくことに(笑)
「大阪から来ました~~~^0^」
「でも実家武蔵小杉です~~~^^」
そして、中学校や高校の同級生たちが来てくれていたので
曲名だけ言ってもわからないしと思い、曲の説明などちょっぴりしつつ
なるべく時間を使わないように気をつけながら頑張りました
いや、頑張る場所が違う気もするが・・・・・
1572250636274.jpg


大きなご迷惑をおかけすることなく、楽しいうちに終了することができました
いえ、歌っている最中にカポタストが壊れて、山崎さん慌てる!ことはありましたが(笑)

ぜひまたお願いしたいと願っております

激動の10月でした


非常に大きなと言われ、心配していた台風19号
大阪は反れたため、私はライブの仕事に行っていました
関東は直撃しそうで、神奈川県の実家にも連絡を入れ
母の大好きなたくさんの植木も、飛ばないように地面に置いたり家の中に避難させたり
そして両親も、近所の妹のマンションに避難してもらい
ちょっぴり一安心

しかし
近所の方のFBには「水が家の中にも来ていて、大変~~泣」

どうして?
多摩川が氾濫したわけでもないのに?????
その後のFB情報で、マンホールから水が溢れ出ていると

妹に連絡し、駄々っ子のように「俺は帰る!」と慌てる父の状況も聞きながら、心配しながらの一夜を過ごしました

そして翌朝、妹から送られてきた写真
1570920800500.jpg
1571297689145.jpg
1571297695023.jpg

立派な床上浸水でした
13日(日)の仕事を終え、翌週の仕事を出来うる限りキャンセルして、14日に新幹線に飛び乗りました
一番酷い13日には、妹の息子サッカー部仲間の親御さん(若いパパママ)たちが来てくださり
母のお友だち(70歳代)も
「何でお宅だけボランティアさんがたくさん?」と言われるほどの状態だったそう
大阪でスコップやら長靴やらを買って、新幹線に乗らなければ!!!と頭グルグルだった私は
「おねえちゃんは、身一つで来ればいいから」と妹に呆れられつつ・・・・・苦笑
14日の月曜日には、家の中には泥んこありませんでした
日頃の付き合いのありがたさを、みんなで思ったものでした

ふすまに染みがついていたので測ると、60cm
IMG_20191014_161642.jpg
IMG_20191014_161633.jpg

電気は半日で復旧し、ガスと水道は止まらなかったのが幸いでした
2階には住めたし、お風呂もトイレにも入れたし

3週間たち、ようやく居間の工事も来週からに決まりました
備忘録代わりに第二段は書くことにしますが
ホッと一安心しております^^


旅行はゆっくり行きたいもんです



来月、結婚して25年が経ちます
いわゆる銀婚式ってヤツですが

旅行に行こうと誘って
九州の温泉に行こうということになりました
私の希望で、砂風呂に入りたいからなのです
指宿と言ったら「桜島噴火したら大変やん」
では別府にしましょうか・・・・・

がっ

がっ

1泊2日って?

有馬温泉ちゃうねんでぇぇぇぇ

旅行は保留になりました(怒)
プロフィール

松林 由美

Author:松林 由美

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR